心電図と青い背景

​診療案内

包帯で固定された足

整形外科

当院では患者さまの早期回復を目指し可能な限り早い手術後の臨床や治療を行っております。

院長(千場隆之)は脊椎疾患を専門としており、脊椎疾患に対して手術のアプローチを行っております。また、副院長(前野康次郎)は膝関節疾患を専門としており、膝の関節鏡手術と人工関節置換術を行っております。怪我による骨折治療や手術、骨関節や筋肉、神経などの運動器に関する治療を幅広く行っております。交通事故や労災などのについてもご相談ください。

【主な疾患例】

  • 骨折、脱臼、靭帯損傷

  • 脊髄損傷、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症

  • 関節リウマチ、変形性股関節症

  • 膝靭帯損傷、膝半月板損傷

  • 腱損傷、神経麻痺

リウマチ科

リウマチ科では膠原病などによる手足の関節の炎症、関節リウマチ疾患を中心に治療を行っております。リウマチは免疫の異常によって関節が炎症を起こし軟骨や骨が破壊され、関節が変形し機能が失われる病気を指します。

当院では薬物療法、疼痛ブロック療法、筋肉低下を防ぐリハビリテーションなど、患者様により良い治療を行います。

ご心配な方はお気軽にご相談ください。

手首を見つめる高齢女性
歩行訓練

リハビリテーション科

リハビリテーション科では病気や怪我によって失われた運動器官の機能回復を目的に患者様の立場に立って適切なリハビリテーションを行っております。

運動療法を行っており、体感トレーニングやバランストレーニングを積極的に取り入れ治療をしております。機能回復だけでなく怪我や障害の予防、運動機能の向上も行いますのでご安心してリハビリを行うことが可能です。